Loading...

お問い合わせ

Information

お知らせ

同じ菌!

オンライン薬局2022.05.13

こんにちは!「かばさん薬局ONLINE」運営スタッフです。

 

今回は、水虫についてのお話です。

 

水虫は、「白癬菌(はくせんきん)」と呼ばれる「真菌」に感染することで発症します。

 

よく言われている「24時間以内に流せば」とあるように、付着しても一定時間以内に洗い流すことで、発症することはありませんが、一度発症すると治りにくい特徴があります。

 

に感染すると「水虫」

体部だと「(いんきん)たむし・ぜにたむし」

頭部だと「しらくも」

と、名称は異なりますが、これらは同じ白癬菌感染によるものです。

 

白癬菌は湿度を好む菌なので、通気性をよくすること、また患部を清潔に保つことで予防でき、真菌に効果のあるお薬を塗布することで治療できます。

症状がおちついたからとお薬をやめてしまうと再発してしまうので、完治するまで継続しましょう。

 

OTC医薬品では多数の水虫薬が発売されています。

ただこの白癬菌、真菌に効果のないお薬を使ってしまうと、症状が悪化することがあり、治りません。

 

「再発かも!」「水虫だ!」

迷ったときには受診することも大切ですが、

お薬選びにお悩みの方は、かばさん薬局の薬剤師にお気軽にご相談ください!

 

▼薬剤師に相談できるオンライン薬局
かばさん薬局ONLINE TOPページ

 

▼Instagramやってます
かばさん薬局ONLINEアカウント:@kabasan_online

まず「受診」してください

オンライン薬局2022.04.08

こんにちは!「かばさん薬局ONLINE」運営スタッフです。

 

「ヘルペス」って、一度罹患すると治りにくくて、広がっちゃうし、他の人にうつしちゃう・・・

 

正式には「口唇ヘルペス」といい、「単純ヘルペスウイルス」が原因で発症します。

唇やそのまわりに小さな水ぶくれがでるもので、感染力が強く、直接的な接触のほか、タオルや食器などを介しても感染します。

 

一度感染すると症状はおさまっていてもウイルスがいなくなったわけではなく、潜伏しつづけます。

かぜや発熱、ストレス、疲労、紫外線などがきっかけで再活性化、再発を繰り返します。

「かぜの華・熱の華」とも呼ばるのはそのためです。

 

一度発症したことのある人は、繰り返しの発症に備えて、口唇ヘルペス専用のお薬を常備しておくのが望ましいでしょう。

再発のきざしとして、唇周辺がピリピリ・チクチクを違和感をおぼえたらすぐにお薬を塗布することが効果的とされているからです。

 

繰り返し発症する口唇ヘルペスを防ぐためには、

・規則正しい生活

・抵抗力をつけること

・栄養バランスの良い食事

・適度な運動

・基礎体力を高めること

など、基本的な生活バランスが大切です。

これらはどんな病気の予防にも効果的ですね。

 

口唇ヘルペスのお薬は「第一類医薬品」に分類されているため、薬剤師からの購入が必須となります。

ただ、初めて罹患した人は、まず病院を「受診」するとされています。

それは、初めての症状を誤った病気と判断して、誤ったお薬を使わないため、製薬メーカーもまず受診を推奨しています。

 

わたしたちかばさん薬局は売ることだけをおすすめすることはいたしません。

お薬のこと、ぜひ、かばさん薬局の薬剤師にご相談ください!

 

▼薬剤師に相談できるオンライン薬局

かばさん薬局ONLINE TOPページ

 

▼Instagramやってます

かばさん薬局ONLINEアカウント:@kabasan_online

あなたは何世代ですか?

オンライン薬局2022.03.11

こんにちは!「かばさん薬局ONLINE」運営スタッフです。

 

音楽とか、芸能界とか、ファッションとか、お笑いとか…

「世代」って、ときどき耳にしませんか?

「松坂世代」や「Z世代」なんて言葉が、様々なメディアで取り上げられていますね。

 

時期をわけたり、分類したりするときに使う言葉ですが、実はこの「世代」、OTC医薬品にも用いられています。

 

鼻炎薬や外用消炎鎮痛薬などで、発売時期や成分で「第一世代」「第二世代」と呼ばれているものがあり、水虫薬に至っては、「第三世代」まで存在し、多種にわたっています。

 

今回は、外用消炎鎮痛薬を紐解きましょう。

 

【第一世代】

サリチル酸メチル・サリチル酸グリコール

(商品例:サロンパス・アンメルツヨコヨコ 等)

 

【第二世代】

ジクロフェナクナトリウム・インドメタシン・フェルビナク・ロキソプロフェン

(商品例:ボルタレンEXテープ・バンテリンコーワ クリームα 等)

 

▼外用消炎鎮痛薬の一覧はこちら♪

かばさん薬局ONLINE 外用鎮痛・消炎薬

 

成分は大きく2つにわけられ、数字が増えるごとに新しい成分となり、一般的に「強い」と表現されます。

ですので、第一世代は日常的な軽い痛みがあるときに、第二世代はしつこくて強い痛み、炎症を伴う痛みに推奨されています。

 

この場合、第二世代の方が価格も効果も高いとされていますが、その分副作用も強くでることがあります。

成分が異なれば注意しなければならない点や禁忌事項も異なります。自分の身体や状態あった成分のお薬を選びましょう。

 

お薬を選ぶのが難しいと感じたときには、ぜひ、かばさん薬局の薬剤師にご相談ください!

 

▼薬剤師に相談できるオンライン薬局

かばさん薬局ONLINE TOPページ

 

▼Instagramやってます

かばさん薬局ONLINEアカウント:@kabasan_online

麻薬成分が含まれている!?

オンライン薬局2022.02.11

こんにちは!「かばさん薬局ONLINE」運営スタッフです。

 

「麻薬成分」なんて言われると驚かれるかもしれませんが…
OTC医薬品の中にも、「依存性のある成分」が含まれているお薬があるって、ご存知ですか?

 

適量であればとても有効で、風邪薬やせき止めなどに配合されています。
適量を超え摂取してしまうと、いわゆる「依存症」になってしまいます。

 

OTC医薬品では、この依存してしまう可能性がある成分を含むお薬を

「乱用等の恐れがある医薬品」

として定めていて、購入できる数量は一人一包装と制限されています。

 

また、若年者の購入時には、氏名・年齢を確認する必要があります。
そして、効果が認められても一週間程を目処に、長期連用しないようにとされています。

もちろん多量摂取せず、適量を守って服用すれば、有効なお薬です。

どんな医薬品も用法・容量を守り、正しく服用しましょう。

 

「このお薬はどうなんだろう?」と、もし疑問を持たれた方は、かばさん薬局の薬剤師にお気軽にご相談ください♪

 

▼薬剤師に相談できるオンライン薬局▼
かばさん薬局ONLINE TOPページ

 

▼Instagramやってます▼
かばさん薬局ONLINEアカウント:@kabasan_online

「添付文書」を読んでいますか?

オンライン薬局2022.01.14

こんにちは!「かばさん薬局ONLINE」運営スタッフです。

 

OTC医薬品には必ず「添付文書」というものがお薬に添付されているのをご存じですか?

口に入れない殺虫剤や貼るお薬も含め、「医薬品」であれば全てのものに添付されているものです。

 

店頭でお薬を買ったらすぐに使用する場合も多いため、目を通さずに使用されている方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、ちょっと待ってください!

 

添付文書には、使用するとき「してはいけないこと」「相談すること」など、注意してほしい事項がたくさん書いてあるんです。

しかもその中には、特定の疾患・持病のある方や妊娠されている方にはそのお薬を使用しないでほしい・一度相談してほしいなど、重要なことがたくさん記載されています。

 

なぜならお薬は本来身体にとっては「異物」で、量や使い方によっては「毒」になってしまうんです。

 

手軽に購入できるOTC医薬品だからこそ、自分自身が主役であるセルフメディケーションだからこそ、自分の身体を守るために、しっかり確認してくださいね。

 

もしわからないことがあったら、そのときにはかばさん薬局の薬剤師にいつでもご相談ください。

 

▼薬剤師へのご相談はこちらから▼

かばさん薬局ONLINE:薬剤師に相談する

 

▼Instagramやってます▼

かばさん薬局ONLINEアカウント:@kabasan_online

≪花粉の飛散≫いつから?目安は?

オンライン薬局2021.12.10

こんにちは!「かばさん薬局ONLINE」運営スタッフです。

 

突然ですが…
花粉症の対策、皆さんはいつ頃から始めていますか?

 

「花粉症」とは一般的に、「スギ花粉」に対するアレルギー症状を指すことが多いようですが、さまざまな植物に対してアレルギーを持つ方も多くなっており、一年中発症される方もいます。

 

スギ花粉の場合、ひとつの目安ではありますが
1月1日から毎日の最高気温を足し算
合計が400℃に達すると花粉が飛散する と言われます。

 

もちろん個人差がありますので、その前から発症される方もいらっしゃいますし、

発症前から予防として使用することを推奨している商品もあるため、

年末から年明けにかけて、飛散に備え、店頭が関連商品でにぎわうようになります。

 

また、症状が例年ひどい方は、事前に受診されていることと思いますし、

OTC医薬品で対処されている方もいらっしゃることでしょう。

 

花粉症対策にオススメのOTC医薬品をいくつかご紹介しますね!

 

【かばさん薬局ONLINEオススメ】花粉症対策アイテム

≪内服薬≫アレグラFX 14錠

≪目薬≫ロートアルガードクリアブロックZ 13ML

≪点鼻薬≫ナザールスプレーポンプ 30ML

 

その他にもかばさん薬局ONLINEでは、あなたの症状に合わせたお薬をご案内いたします。
いつも同じお薬を選んでいる・・・でも、もしかしたら新しくて、もっと自分に合うお薬があるかも?

 

そんな方はぜひ一度ご相談ください。

【かばさん薬局ONLINE】薬剤師に相談する

こんな場合!OTC医薬品は購入しないでください!

オンライン薬局2021.11.12

こんにちは!「かばさん薬局ONLINE」運営スタッフです。

 

★かばさん薬局ONLINE Instagramアカウント開設しました★
OTC医薬品に関するちょっとした豆知識や、新商品情報など配信していきます。
お気軽にフォローしてみてくださいね!

Instagram@kabasan_online

 

 

さて、今回は「セルフメディケーション」 のお話をさせてください。

 

自分自身で健康管理を行い、軽い病気の症状緩和などの対処はセルフで対応してほしい、そんな時代が来ています。

病院に行くほどではないけれど、自己治癒力ではちょっと・・・そんなときに手助けしてくれるのが、OTC医薬品です。

 

軽い症状のとき、そう、よくCMで耳にする「風邪のひきはじめに~」、そんなときにOTC医薬品はおすすめです。
また、連休前など病院に行けなくなるときの備えに、急な発熱などもしもの備えにも。

 

しかし、誰にでもOTC医薬品をお勧めしているわけではありません。

 

こんなときはOTC医薬品ではなく、病院を受診してください!

・急な高熱~38℃以上~
・熱が長く続いている
・発熱以外に嘔吐や下痢、発疹、腰痛、動悸などの症状がある
・かぜのような症状(微熱など)を繰り返している

 

また、効きめが緩やかな漢方(葛根湯など)にも注意事項はあります。
高齢の方、高血圧の方は注意が必要です。
糖尿病・喘息・緑内障など、持病をお持ちの方や他にお薬を服用されているかたも、事前のご相談をお願いします。

 

こんな時にはぜひ一度、かばさん薬局の薬剤師にご相談ください。

【かばさん薬局ONLINE】薬剤師に相談する:
https://kabasan-online.jp/introductions#introduction02

 

▼お薬のお買い物はこちらから▼

【かばさん薬局ONLINE】TOPページ:https://kabasan-online.jp/

かばさん薬局のOTC販売の考え方

オンライン薬局2021.10.15

こんにちは!「かばさん薬局ONLINE」運営スタッフです。

 

かばさん薬局、実はオンラインショップも展開しています。

ぜひお気軽に、サイトを覗いてみてください!

 

【かばさん薬局ONLINE】TOPページ:https://kabasan-online.jp/

 

さて今回は、かばさん薬局のOTC販売の考え方について、お話させてください。

 

OTC医薬品とは「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略で、カウンター越しにお薬を販売するかたちに由来しています。(※OTC医薬品=市販薬・大衆薬)

 

OTC医薬品は、セルフ購入をメインとしていて、購入される方の意思で決定されるもの、主役はあなたです。

お薬が?自分の意思で? そう考えると、少し怖い気がしませんか?だって、みんながお薬の専門家ではないですよね。

 

でも、調剤薬局はOTC医薬品とは無関係と思っていませんか?調剤薬局は「お薬をもらうところ」だと思っていませんか?

たしかにお医者さんが処方せんを出してくれて、そのお薬(=医療用医薬品)を受け取るのが調剤薬局ですね。

 

実は、調剤薬局ってOTC医薬品も販売している場所なんですよ。

 

何故販売しているのか?

 

それは、調剤薬局が「相談できる場所」だから。

 

いつもお薬を受け取る調剤薬局で、いつもの薬剤師から、相談しながらお薬を買うことができたら、独りで選ぶよりも断然心強いですよね。

患者様の症状の把握はもちろん、どんなお薬を服用されているか把握しているからこそ、おすすめできるお薬もわかるし、一緒に選ぶこともできます。

 

もちろんOTC医薬品だけを購入される方も大歓迎!丁寧にお薬のご説明をさせていただきます。なぜなら調剤薬局には、いつでも薬剤師がいます。だからいつでも相談に来てください。

 

わたしたちかばさん薬局は、いつでもみなさんからのお薬のご相談をお待ちしています。

 

【かばさん薬局ONLINE】薬剤師に相談する:

https://kabasan-online.jp/introductions#introduction02

ページトップへ